家の塗装

家の塗装のお話です。 外壁塗装を行う場合、日本では多くの人が塗装専門業者に依頼すると思います。 塗装は個人でもDIYで行うことも可能ですが、小さい物の場合は当然、それもお勧めできますが、住宅の塗装となると、大きさも大きくなるし、塗装作業を行う為に足場を必要としたり、材料の選定も考えると、やはり個人で行うというのは少し無理があるかもしれません。。

外壁塗装に関しては、現在の塗装の状況をきっちりと把握して、見合った材料、工法を行うのが大事になってきます。 他の住宅が、良いという材料を使っての自分の住宅の今の塗装の上には、材料的に問題があるということも少なくないです。 この辺りはきっちりとノウハウがある専門業者がお勧めだということになりますね。

外壁塗装、屋根塗装を行う場合、建設会社や、工務店に依頼したとしても、多くの場合、塗装業者に建設会社や工務店が依頼するという形になるので、直接 塗装作業を行う専門業者の方ときっちりと話しが出来て、安心して、しかも少しでも価格的にお得に外壁塗装、屋根塗装を行ってもらえるといのが良いかもしれませんね。

外壁塗装を行う場合、材料の選定もですが、やはり下地処理は重要です。 塗替えを必要としている状態の場合、多くの住宅の今の塗装は劣化しています。 この劣化した塗膜の上から塗装するというのは、せっかく塗装を行っても剥がれ、めくれなども行ってしまって問題ありです。。

そこで、きっちりと旧塗膜を清掃したうえで塗装を行うというのが基本です。 高圧洗浄が出来ない特殊な場合は別として、やはり外壁塗装、屋根塗装前には、高圧洗浄機で洗浄を行って旧塗膜の劣化した部分、苔やほこり、ゴミなどを洗う必要があります。

上記はカラーベストの下地処理、高圧洗浄をしている状態ですが、上の部分は苔がうっすらついているのが分かると思います。 この部分をしっかりと洗うというのが必要ということです。

これからも住み続ける大事な住宅の塗装ですからしっかりと考えて、安心して任せることが出来る塗装業者を選ぶ必要が出てきますよね。。

まぁ、どこに依頼すればいいのか?というのは難しいので、工務店さんや建設会社を知っているという場合は、当然 そのような方々にお願いするパターンになってくると思いますが、高額なお金を使う住宅塗装ですので、少しでもお得に。。と考えた場合は、相見積もりなどを取ってみるのもお勧めかもしれません。 その場合、地域の塗装業者の見積もりも確認してみるというのはお勧めです。 また相見積もりをする場合、基本となる、材料、工法はできるだけ揃えて見積もりを依頼するのが重要です。 その辺りが変わってくると価格も随分と違ってきますので、相見積もりの意味もなうなってきますからね。。。

神戸市 塗装業者